アルコールの摂取前にごはんを食べると良い理由

query_builder 2022/03/01
コラム
25

ビールや日本酒などのアルコール類が好きな方は多いでしょう。
しかしアルコールを摂取する前は、ごはんを一杯食べるだけでも健康的なんです。
そこで今回は、アルコールの摂取前にごはんを食べると良い理由を紹介します。

▼アルコールの摂取前にごはんを食べると良い理由
■酔いにくくなる
空腹でアルコールを摂取すると酔いが回るのが早くなります。
空腹時は体が栄養を欲しているので、胃に入ったものをすぐに吸収します。
そのためアルコールを先に摂取してしまうと、早く酔いが回ってしまうというわけなんです。
それを防ぐためにも、ごはんを少し食べてからアルコールを摂取するようにしましょう。

■胃腸への負担が減る
アルコール摂取時におつまみやご飯を食べている場合は、必ず食後にごはんを食べましょう。
ごはんは消化が良く、胃腸の活動を手助けしてくれるので、胃腸の負担がぐっと減ります。

■肝臓への負担が減る
またご飯にはアルコールの分解を助ける効果があり、肝臓にも良いです。
飲みすぎてしまった場合は、必ずごはんを食べるようにしましょう。

▼まとめ
アルコールの摂取前にごはんを食べると良い理由は「酔いにくくなる」「胃腸の負担が減る」「肝臓の負担が減る」です。
ごはんにはさまざまな良い効果があるので、ぜひ食べましょう。
空腹時は摂取前に、そうでなければ食後に食べるのがベストです。
「煮込み屋 ミヤコ」では、こだわりのお酒と料理を提供しています。
駅近でアクセスも良いので、ぜひ一度ご来店くださると幸いです。

NEW

  • 相模大野煮込み屋ミヤコの営業時間

    query_builder 2022/01/21
  • 相模大野で宴会をお探しなら煮込み屋ミヤコ

    query_builder 2021/11/23
  • 「日本酒」の魅力とは

    query_builder 2022/07/01
  • お箸の正しい持ち方をおさらい

    query_builder 2022/06/15
  • 「日本酒」種類による違いを詳しく解説

    query_builder 2022/06/01

CATEGORY

ARCHIVE